「私のサイトの直帰率は高いのでしょうか?」「どう改善すればよいのでしょうか? 直帰率が高いと思うのですが」これらはよく聞く質問です。今回は多くの方が気にする「直帰率」について、データをどう分析・解釈し、どのように改善すればよいか説明します

直帰率40%は高いのか?

 一般論として、直帰率は40%以下に抑えたいなどと言われます。実際のところ、直帰率が5%以下の凄いサイトを見たことがあれば、悲しいかな、95%以上のサイトも見たことがあります。また流入経路等によっても直帰率は大幅に異なります。そのため、40%という数字は参考程度に理解するに留めるのがよいでしょう。では直帰率とはどう付き合えばよいのでしょうか?

 一口に直帰率といっても、ページ単位や流入経路単位で見ると、その値は大きく変わってきます。その中でまずはページ別の直帰率を見るのがよいと思います。そのときページ別の直帰率だけではなく、直帰数もあわせてチェックしてください。

 ページ別の直帰率・直帰数を把握すれば、問題となっているページが明らかになるでしょう。問題ページが特定できたらそれを改善!とアクションする前に、そのページのリンク元URL別の直帰率と、検索流入が多い場合はワード別の直帰率をチェックしてみてください。リンク元URLと検索ワードを見れば、そのページに流入するユーザーの背景を推察することができます。

 ユーザーの背景を知らずに改善するのと、理解したうえで改善するのとでは、その効果は大きく違ってきます。

直帰率の高い課題ページは把握した、そのページのリンク元URLやワードからユーザー背景も理解した、では直帰率を下げるためにどのように改善すればよいのでしょうか。

 ユーザーはリンク元サイトのバナーやリンク文言、検索結果の文言に何かしらの興味を持ち、期待をしてあなたのサイトの特定のページに訪れます。そしてあなたのサイトでその興味や期待を裏切られたら…それが直帰につながります。そのため、リンク元サイトや検索結果の文言と整合の取れた情報をあなたのサイトで提供する必要があります。これが直帰を減らす基本です。そのとき注意すべきは、そのページにはサイト内の他のページからの遷移を考慮に入れることです。他のページからの遷移が直流入より多い場合は他ページからの遷移を優先させ、逆の場合は直流入を優先させて改善を行うのがよいでしょう。

 ユーザーの訪問背景とページの情報の整合が取れているにもかかわらず直帰率が高いことがあります。その場合、ユーザーにしてもらうアクションを提案できているかをチェックしてみてください。ユーザーが知りたい情報やあなたが伝えたい情報は、とある1ページに全て詰まっているわけではないでしょう。そのページの情報の他に何を見たいか・見せたいか、そのような情報の流れを設計し、適切にリンク配置することにより直帰率は改善されます。

 課題ページへの流入がリスティング広告などの広告の場合は、対象ページを改善するよりも、ランディングページを変えてしまうことが有効な場合もあります。リスティング広告の場合はワードを詳細に分析し、直帰率が高いワードは適切なページをランディングページにすることで直帰率が改善することも多いのです。ランディングページを変えた後に再度直帰率を把握し、その変更が適切であったかどうか検証することを是非お忘れなく。

 今回の記事では、サイト改善における観点や分析切り口の中の「直帰」に絞って説明しました。直帰を改善すれば全てよし、というわけではありませんが、直帰率の改善がコンバージョン率アップのひとつの点であることは間違いありません。緻密な分析と適切なサイト改善によって是非直帰率を改善させてください。