LPOとは?

そして、LPOという言葉はあまり聞かれた事がないのではないでしょうか?

LPO、「Landing Page Optimization」の略語で、直訳すると「ランディングページ最適化」となります。

ランディングページとは、検索や広告でアクセスする最初ページの事を言います。

つまり、サイトに訪れたお客さんが最初ページで目的を達成するために、ページを最適化する事をさします。

ランディングページを最適化する事で、商品購入やお問い合わせ率(コンバージョン率)を上げる事を目的としています。

LPOの作業

  • ページ内コンテンツの最適化
  • お問い合わせや商品購入への適切な誘導
  • ユーザーインターフェース(UI)の最適化
  • 行動のターゲティング、等

により売り上げに直結した施策の一つです

 インターネット広告や検索エンジンから自社サイトへのアクセスが、コンバージョン(商品購入などの、サイト上での最終成果)に結びつきやすいように、ランディングページを調整・改善することや、サイト訪問者の、ランディングページでの離脱(ブラウザを閉じてサイトを去ってしまうこと)を極力防ぎ、スムーズに目的の商品購入や、資料請求などのアクションに誘導できるようにランディングページを最適化する。これによって、コンバージョン率を高め、インターネット広告やSEOに投資したコストのROIを高めることができるというものです。

LPOの第一の目標は、ランディングページでの離脱率を抑えることです。インターネット広告やSEOで、どんなに有望な見込み客を、どんなにたくさんサイトの入口(=ランディングページ)まで連れてくることができても、全員がそこで立ち去ってしまっては、意味がありません。

LPOでは、インターネット広告や検索キーワードなど、サイトへの入口によって異なる「サイト来訪者の目的やモチベーション」を汲み取り、それぞれの期待に応えるコンテンツや情報があるページを、ランディングページに設定することが重要です。

特に、取扱品目が多く、商品カテゴリの階層が深くなってしまいがちな大規模物販サイトではこのような配慮が重要です。